児童発達支援、放課後等デイサービスのサービス内容です。

無料相談
受付中

048-915-6313 受付時間:9:00〜18:00

無料体験・お問い合わせ 採用情報

採用情報

FIT

無料体験
お問い合わせ
サービス内容の紹介 チューリップのアイコン

ご利用いただける
サービス

児童発達支援

児童発達支援

スタッフと遊ぶ子ども達の様子

0歳〜6歳(未就学児童)まで

0歳から小学校入学前までの、発達に心配のあるお子さまや障がいを持ったお子さまの療育支援を行っております。お友達とのコミュニケーションや日常生活の自立支援や機能訓練を通して、お子さまの成長・発達をサポートいたします。

療育内容

ABA療育・言語聴覚訓練
日常生活における基本動作や知識技術の習得

放課後等デイサービス

放課後等デイサービス

学習スペースの様子

7歳~18歳(小中高校の就学児童・生徒)

7歳~18歳(小中高校の就学児童・生徒)までの、発達に心配のあるお子さまや障がいを持ったお子さまが学校の授業終了後や学校休業日に通っていただける療育の場、居場所としてご活用いただけます。日常生活動作の指導、集団生活への適応訓練などを通して、成長を支援いたします。

療育内容

TEACCHプログラム・言語聴覚訓練
日常生活における基本動作や知識技術の習得
行動や感情をコントロールする練習

療育内容

一人ひとりに合わせた「ABA療育」

ABA療育の様子

ABAとは応用行動分析学のことを指します。お子さまの問題行動の原因を考え、分析し、適切な働きかけを行うことで問題の改善を目指していきます。
キッズホームFITでは、特に「強化」という褒めて伸ばす療育に力を入れており、お子さまが問題行動を減らし、褒められることによってよい行動が増やせるようにサポートしていきます。

問題行動の原因を考える

子供の問題行動の原因は、以下の4つの子供の欲求からきているとされています。
欲求を叶えるために問題行動を起こし、その結果欲求が叶えられるとその行動を繰り返すことになって問題行動が増えるという悪循環を生み出します。

  • おもちゃが欲しい、何かやりたいなど「要求の実現」
  • 不快なことを避けようとして起こる「回避と阻止」
  • 周囲からの注目が欲しい「注目要求の実現」
  • 行動からくる刺激が退屈や不安をまぎらわす「自動強化(感覚刺激)」

女の子と男の子のイラスト

下向きの矢印

原因と行動を分析して問題の解決策を見つける

問題行動が起こる原因がわかれば、その原因を解消できるように解決策を考えます。
ABA療育では、行動を理解する際に、「ABCフレーム」で行動を見て、分析します。

A.先行現象

お菓子売り場

B.行動

泣く

C.後続事象

お菓子を買ってもらえる

この例の場合、Aのお菓子売り場で、Bの子どもが泣くという行動を起こすことによって、Cのお菓子を買ってもらえるという後の事象につながっていることが分かります。この場合、泣くという問題行動によってお菓子が買ってもらえるという欲求が叶えられ行動が強化(繰り返す)され、問題行動が増えてしまします。
この悪循環に陥る強化をなくし、 よい行動を増やす「強化」と行動を減少させる「消去」をうまく使い分けながら、子供の問題行動を減らしていきます。

強化

人は起こした行動に対する結果が望ましいものだと、以降もその行動を繰り返しやすくなります。この望ましい結果(ほうび)を与えてその行動を増やすことを「強化」と言います。

「強化」の例

消去

人は行動のあとにほうびとなる出来事が得られないと、その行動が減少していきます。これを「消去」といいます。

「消去」の例

褒めて伸ばす

問題行動を減らすことと同時に、よい行動ができた時に褒めたり、ほうびを与えることで強化を行います。
いろいろな方法がありますが、例えば、「大きな声を出さないで3回電車に乗れたらおもちゃを買ってもらえる」というルールを設定し、事前に子供と約束をします。3回守れたかどうかは、ノートにシールを貼るなどポイント制にすると子供にもわかりやすくなります。実際にルールが守れた時は褒めてあげながらシールを貼ったり、3回を達成した時はご褒美におもちゃをあげることで、少しずつ子供が問題行動を減らせるようにしていきます。

A.先行現象

電車

B.行動

静かに
電車に乗る

C.後続事象

褒めてもらえる
おもちゃがもらえる

望ましい行動の増加

毎回静かに電車に
乗れるようになる

消去と強化の組み合わせ

問題行動に対応するには、
「問題行動を減らし」つつ、同時に「望ましい行動を増やす」ことが重要です。
そのため、強化と消去の両方を使いながら、望ましい行動に導いていきましょう。

子ども達の適応力の向上TEACCHプログラム

TEACCHとは、アメリカで行われている構造化された環境で認知発達を促す訓練を行うプログラムのことです。 TEACCHの考え方を元に物理的構造化・視覚的構成・時間の構造化などを行い、お子さまが主体的に活動できるようにお手伝いします。

作成されたスケジュールの写真

スケジュール(時間の構造化)

自閉症の子どもの不安や混乱を除き、毎日の学習をスムーズにするために1日のスケジュール(時間割)を作成します。毎日これを確認してから生活することで、子どもの情緒を安定させ、学習の成果をあげることができます。いつも同じ場所で確認ができるよう決まった場所に配置し、子どもたちひとりひとりに時間割を作成しています。

コミュニケーションツールの様子

コミュニケーションツール(視覚的構成)

日常的によく表現する意思や言葉を絵カードにしておくことで、何かを要求したり、意思表示したいときにうまく言葉にできない子どもたちが簡単にコミュニケーションをとることができるようにするためのツールです。1枚のカードを使うところから始め、次第に2〜3枚のカードを使って意思を伝えられるようになっていきます。

施設内の構造の様子

施設の構造(物理的構造化)

キッズホームFITでは、子どもたちが普段の生活の中で混乱を起こさないように考えられた施設の構造になっています。学習する場所では遊ばないように、食事をする場所では学習しないように部屋を分けています。また、普段子どもたちが使う教材や本などもいつも同じ場所に配置することで子どもたち自身で取りやすいようにしています。

体と脳と心の発達運動療育

運動療育の様子

近年、運動が脳を活性化させるメカニズムが解明されてきています。
ハーバード大学教授のジョンJ・レイティ氏は、特に有酸素運動と神経系の運動を組み合わせることで、脳への効果的な刺激になると報告しています。さらに、運動による脳の発達では、感情や、認知機能の統制にも効果があることが実証されてきています。
キッズホームFITでは、子供たち一人一人の発達段階に合わせ、元気いっぱい楽しみながら、効果的に運動することで、体の基礎的な能力から、視知覚的能力や感情、認知機能の統制などを目的に運動療育を行っていきます。

粗大運動

粗大運動の様子

手足や体全体を大きく動かす運動です。
発達障害を持ったお子さまの場合、原始反射(新生児に起こる動きで、脳の発達とともに消失)の残存が残るお子さまが多く、その場合、感覚の統合や、ボディーイメージ、力の調節などに難しさが現れてしまいます。
大きく体全体を動かすことにより、感覚統合を整え、体の中心軸(コア)を鍛えていきます。
SAQトレーニング
使用器具:ラダー・ミニハードル

SAQトレーニングの様子

  • Sスピード(重心移動の速さの能力)
  • Aアジリティー(運動時に体をコントロールする能力)
  • Qクイックネス(刺激に反応して早く動き出す能力)
自分の重心を意識しながら、一定のリズムでSTOP&GOを繰り返し、体をコントロールする感覚を養うのに効果的なトレーニングです。

コーディネーション
トレーニング

コーディネーショントレーニングの様子

複数の筋肉、関節を同時に、または協調的に動かす神経系のトレーニングです。目や指先など五感で察知した周囲の状況を、脳で判断し、どんな動作をしたらよいか筋肉に伝える能力であり、学校の体育など、複雑な運動で必要となります。コーディネーショントレーニングは7つの能力に分類されており、バランスよく向上させることが大切です。
けん玉
1定位能力 相手やボールなど動いているものに対して、自分の位置関係を正確に把握し調整する能力
(例)野球の外野フライを捕る
2識別能力 手や足、用具などを連携させ、精密に操作する能力
(例)けん玉で「もしもしかめよ」、調理器具、自転車のハンドル操作
3変換能力 状況の変化に合わせて、素早く動作を切り換える能力
(例)つまずいて転びそうになった時に、手をついて顔から落ちるのを防ぐ
4連結能力 関節や筋肉の動きのスピードを合わせたり、タイミングよく同調させる能力
5反応能力 合図に素早く反応して、正確に対応する能力
(例)徒競走のスタートで合図に反応する
6リズム能力 リズムにタイミングを合わせて体で表現する
(例)「じゃんけん」を出すタイミング、縄とび
7バランス能力 無理な体勢でも動きを継続したり、姿勢を立て直す能力
(例)電車やバスの立ち乗り乗車
それだけじゃない!
コーディネーション
トレーニングで得られる効果

「知性」「感情」「意欲」をつかさどる、脳の前頭葉を活性化させるため、感情のコントロールにつながります。
脳のワーキングメモリを強化出来るため、人との会話をメモとして記憶でき、その記憶を元に自分の意見を考えられるようになることで、人との会話が長く正しく続 くようになります。

視知覚トレーニング

視知覚トレーニングの様子

視覚機能は、日常のさまざまな動作や、スポーツ活動にも大きく影響します。 さらに、学校の授業などで、教科書やプリントがうまく読めない、黒板の文字をうまくノートに写すことが出来ないなど、読み書きの悩みとして現れることがあります。
視覚認知の基盤として、眼球運動があげられます。
風船で浮かぶゾウ

眼球運動には5種類の
機能があります。

1固視 安定して見続ける機能
2両眼視 左右の眼で焦点を合わせる機能
3追従性眼球運動 動くものを眼で追い続ける機能
4飛躍性眼球運動 あるポイントから別の ポイントへ素早く視点を移す機能
5地空間認知 映像を形や図、空間として正しく認識する機能
これらの5つの機能をバランスよくトレーニングすることで、運動機能向上だけでなく、日常生活や学校での読み書きなどにも、良い影響を与えることが出来ます。

児童発達支援の場合

児童発達支援の場合

平日の流れ

休日の流れ

clock

9:30教室に到着 朝の会

ご挨拶をして、手洗いやうがい、体温測定、荷物の整理や着替えなどを行います。
今日行うことの確認もしていきます。

9:30教室に到着 朝の会

ご挨拶をして、手洗いやうがい、体温測定、荷物の整理や着替えなどを行います。
今日行うことの確認もしていきます。

clock

10:00個別療育・集団療育

お一人お一人のお子様に合わせたプログラムをご用意しています。仲間と一緒に遊んだり、課題をクリアすることで達成感を感じ、様々なことにチャレンジできるようになります。

10:00個別療育・集団療育

お一人お一人のお子様に合わせたプログラムをご用意しています。仲間と一緒に遊んだり、課題をクリアすることで達成感を感じ、様々なことにチャレンジできるようになります。

Picture
Picture
clock

11:45掃除・お片づけ

1日遊んだもの、使ったものを元の場所に戻してお部屋を綺麗にします。みんなと過ごすためにルールを毎日確認します。

11:45掃除・お片づけ

1日遊んだもの、使ったものを元の場所に戻してお部屋を綺麗にします。みんなと過ごすためにルールを毎日確認します。

clock

12:00帰りの会 送迎

保護者様のお迎え、もしくは当施設の送迎バスでお家に帰ります。

※時間によって個別療育と集団療育の両方を行います。

12:00帰りの会 送迎

保護者様のお迎え、もしくは当施設の送迎バスでお家に帰ります。

放課後等デイサービスの場合

放課後等デイサービスの場合

平日の流れ

休日の流れ

clock

Picture

10:00教室に到着

ご挨拶をして、手洗いやうがい、体温測定、荷物の整理や着替えなどを行います。
今日行うことの確認もしていきます。

clock

10:30運動療育

子供たち一人一人の発達段階に合わせ、元気いっぱい楽しみながら、効果的に運動して一緒に汗を流します!

clock

11:30自由遊び

お一人お一人に合わせたプログラムに応じて、平日より自由な時間を過ごしていただきます。
遊びの見つけ方や仲間に入れないお子様にはスタッフがしっかりとサピートします。

clock

12:00おひるご飯

みんなで机を囲んで楽しくご飯を食べます。
スタッフがお一人お一人サポートいたします。

clock

Picture

13:00個別療育・集団療育

お一人お一人のお子様に合わせたプログラムをご用意しています。お絵かき、おもちゃ遊び、宿題、工作など、プログラムに応じていろいろなことを学びます。

clock

14:00教室に到着

ご挨拶をして、手洗いやうがい、体温測定、荷物の整理や着替えなどを行います。
今日行うことの確認もしていきます。

Picture

clock

14:30おやつ

みんなで一緒におやつを食べます。
仲良く同じものを食べることで、仲間と一緒に食べることの喜びを感じられます。

Picture

clock

15:00個別療育・集団療育

お一人お一人のお子様に合わせたプログラムをご用意しています。お絵かき、おもちゃ遊び、宿題、工作など、プログラムに応じていろいろなことを学びます。

15:00おやつ・自由遊び

みんなで一緒におやつを食べます。
仲良く同じものを食べることで、仲間と一緒に食べることの喜びを感じられます。

clock

Picture

15:45掃除・お片づけ

1日遊んだもの、使ったものを元の場所に戻してお部屋を綺麗にします。みんなと過ごすためにルールを毎日確認します。

clock

16:00運動療育

子供たち一人一人の発達段階に合わせ、元気いっぱい楽しみながら、効果的に運動して一緒に汗を流します!

16:00帰りの会・送迎

お友達同士、先生たちとご挨拶をして施設での1日を締めくくります。
次回の当初日も先生と確認します。

clock

16:45掃除・お片づけ

1日遊んだもの、使ったものを元の場所に戻してお部屋を綺麗にします。みんなと過ごすためにルールを毎日確認します。

clock

17:00帰りの会 送迎

保護者様のお迎え、もしくは当施設の送迎バスでお家に帰ります。

送迎サービスについて

Picture

越谷市周辺の方に向けた、お子さまの送迎を行っております。スタッフが責任を持ってお子さまを送迎いたしますので、忙しくて送り迎えが難しい方も、安心してご利用いただけます。
まずはお気軽にご相談・
お問い合わせください
無料体験受付中! 2本の木 赤と青の星 二人の女の子の写真
お電話でのお問い合わせ

048-915-6313 受付時間(9:00~18:00)

お電話でのお問い合わせ 048-915-6313 受付時間(9:00~18:00)
フォームからのお問い合わせ
無料体験・お問い合わせ

048-915-6313 受付時間(9:00〜18:00) 無料相談お問い合わせ アクセス